文京カウンセリングのオンラインカウンセリング

文京カウンセリングのオンラインカウンセリング

文京カウンセリングでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンラインカウンセリングを開始いたしました。通信環境およびカメラ機能付きのパソコン、タブレット端末・スマートフォンをご用意いただくことで、場所を問わずリアルタイムのビデオ通話によるカウンセリングを受けていただくことができます。

お申込みは、下記の内容を最後までよくお読みになった上で、カウンセリング申込みフォームからお願いいたします。
なお、電話カウンセリングは行っておりません。

文京カウンセリングのオンラインカウンセリングの特徴

カメラ機能付きパソコン・タブレット端末・スマートフォンがあれば、通信環境の整った場所ならどこからでもご利用可能です。

・原則として、事前にアプリケーションをインストールすることなくご利用可能です。

・担当するのは、公認心理師資格(国家資格)等を持ったカウンセラー歴15年以上のカウンセラーです。

男性特有の悩み、発達障害児の保護者の方、経営者の方、議員や秘書の方、教職員の方、大切な人と死別された方、あがり症の方、兄弟姉妹関係の悩みなどの専門カウンセリングおよびその他一般のご相談に対応します。

・弊所では対面式カウンセリングも行っているため、オンラインカウンセリングでは限界がある場合には、そのまま対面式に移行することも可能です。

オンラインカウンセリングの料金

面接時間は、1回あたり60分となります。下記の3つのコースからお選びください。

・1回コース→3回コース→5回コースにいくに従って、1回あたりの単価は安くなります。

・実際、1回で問題解決に至るケースは少数です。早くて3回程度、多くは5回以上となるものと思われます。

オンラインカウンセリング申込みの流れ

1.カメラ機能付きパソコン・タブレット端末・スマートフォンをご準備いただき、通信環境をご確認ください。通信にかかる費用はご負担願います。

2.お申込みは、メールフォームから必要事項をご記入の上、お願いいたします。counseling-tokyo.comのドメインから自動返信メールが数分以内に届きますので、受信できるように設定をお願いいたします。outlook.jpなどの一部のアドレスをご使用の方は受信できない場合がありますので、もし自動返信メールが届かなかった場合は他のアドレスをご使用ください。また、Gmail等の場合、迷惑メールに入っている場合もありますので、ご確認ください。

3.自動返信メール到着後、24時間以内に日時・振込先等の詳細につき記載したご予約受理の案内メールを受付よりお送りしますので、お振込みをお願いいたします。

4.料金は前払い制とさせていただいております。お支払方法は、銀行振込のみです。恐れ入りますが、振込手数料はご負担をお願いいたします。

5.入金確認後、アクセス方法のご案内をメールでお送りいたしますので、それに従って予約日時にアクセスしてください。24時間経過してもご案内メールが届かなかった場合は、お手数おかけしますがご連絡ください。なお、土日にご予約希望の場合は、入金確認の必要上、金曜日の15時までにご入金をお願いいたします。

6.キャンセル・日時の変更は、ご予約日当日の朝8時までにお知らせください。朝8時を過ぎた場合はカウンセリング料金の100%をキャンセル料・変更料として申し受けます。それ以前のキャンセルの場合、返金の際は返金事務手数料(500円)を差し引いた額をお返しいたします。

7.3回及び5回コースの中途解約については、返金先の金融機関の口座番号と口座名義をメールにご記載の上、中断のお申し出をもって中途解約といたします。その場合、すでに実施済みの回数×8千円と返金事務手数料(500円)を差し引いた額をお返しいたします。

8.その他については、オンラインカウンセリング規約をご覧ください。

カウンセリング申込みフォーム

オンラインカウンセリングのメリット・デメリット

オンラインカウンセリングには、下記のようなメリット・デメリットがあることをご理解の上、ご利用ください。

メリット
・カウンセリングを受けるために、移動の時間と労力を費やす必要がない。
・遠方にお住まいでも相談できる。
・直接対面でお話するのが苦手な方には、相談しやすい。
・感染症にかかるおそれがない。

デメリット
・映像と音声のみでのやりとりとなるため情報量が少なく、コミュニケーション上の限界がある。
・機材や通信環境、セキュリティ等につきクライエント様に委ねる部分が多く、実施にあたって支障が生じる場合がある。
・家族などが近くにいる場所からアクセスする場合、集中して臨むことが難しいことがある。

対面式カウンセリングと比較して、オンラインカウンセリングでは上記のようなデメリットもあり、どうしても先に進めない場合が生じることがあります。その場合は、その旨をご指摘した上で、対面式カウンセリングを受けることをお勧めすることがあります。

カウンセリング申込みフォーム

↑ PAGE TOP